2006年08月10日

オシムJAPAN、お見事も・・・

オシムジャパンは見事2−0で勝利でした〜
三都主のFKとループシュートは見事でした。
さすがってところを見せたと思います。新しいメンバーが多い中、ひとつレベルの高いプレーを見せてたと思います。
守備の負担さえなくなれば、三都主ならこれくらいはって感じがしますが、アジアの外では通じないのも事実ですし、新しい井戸に期待したいです。
三都主のゴール動画はこちらから(ランキング)

個人的には松井に期待してます^^

ところで我らが我那覇はというと・・・
後半途中交代まで、シュート1本。

さみしいですね〜、FWとしては・・・
普段プレーを見る機会がないのでなんとも言いがたいですけど、初代表ということでいつものプレーが出来てないような気がしました。
また、本人も言ってましたが代表クラスのスピードについていけてなかったのも事実です。
でも、慣れればやれると思います。
また、頑張ってほしい。イエメン戦(選ばれたら・・・)

サッカーサッカーのブログランキングへサッカー
posted by manirayasi at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー観戦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

イタリア優勝!

イタリア優勝4年に1回のワールドカップ、イタリアの優勝で終わりました。
僕はジダンのラストダンスのフランスに期待してましたが、イタリアは攻守ともにバランスがよかったですし、フランスよりは攻撃的で優勝にふさわしいチームでした。
ジダンのラストプレー、最後の記録がゴールでもアシストでもなく、退場(ラフプレー)だったことは残念です。

ジダンは神ではなくサッカーの上手な人間だったことが分かり、なおさらジダンとサッカーが好きになりました。
これもサッカーなんですね。サッカーの奥深さが少し分かった気がします。
中田が引退した理由が少し分かった気がします。

今回のワールドカップの上位のチームはチームが一つとなり、全員がチームが一丸となってたような気がします。
どんな強豪国の有名選手も汗かき役に徹したり、チームのために自己犠牲を問わない、そういうチームしか勝ち上がることができないんですね。
残念ながら、我らの日本はプレーのレベル、チーム、歴史ともにまだまだだと感じました。
日本では国内組と海外組に温度差があったり、派閥ができたり、会見で「マリオカートを持って行く」という選手がいたり、チームが一丸となることができませんでした。オーストラリア戦の後、チームの結束を高めようとした食事会で中田英を筆頭に日の丸にサインしたときでさえ、それを拒んだ選手が6人もいたらしいですし。
そんな国が予選リーグを勝ち抜けるほど、甘くはないでしょう。
ドイツではあのカーンがチームのために裏方に徹し、フランスでもビエリ、マケレレほどの選手が汗かき役に徹し、イタリアではデルピエロは控え、トッティも途中で交代、「For the team」これが出来ない国に栄光はないと思います。

2010年は、もっと進化した日本代表を見たいです。

サッカーサッカーのブログランキングへサッカー
↑応援よろしくお願いします<(_ _)>
W杯情報はこちらから(ランキング)
posted by manirayasi at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

中田英寿、引退

昨日の夜9時にnakata.Netで発表されました。
お義母さんから妻への電話で知りました。

そんな・・・ 声もでません。

子供と無邪気に遊んでいた僕にはこの突然の出来事を現実として理解できませんでした。
Jリーグにいた頃の中田、日本代表の中田、イタリアでの中田、イングランドでの中田、そのプレースタイル、生き方には大いに感動しました。
中田の常に全力全霊のようなプレーにはすごく憧れてまし、シンプルで力強いプレースタイルがすごく好きです。

W杯が始まる前、床屋で「中田英にして下さい」と言って少し長めの中田ヘアーになりました。日本がブラジルに負けた朝、またもや「中田英にして下さい」と今度は気合いを入れて切ってきました。
ひょっとしたら、日本代表を引退するのかな〜と思ってましたが、これからも応援しよう、俺も頑張ろう、そう思いました。
中田英は、日本代表の中で最も走ってました。一番一生懸命でした。
W杯の前から、孤独に必死に頑張る中田英は日本代表の中でも一人ずば抜けた存在のようでした。ジーコや川渕キャプテンが「中田英のレベルに合わせたら選手がこわれてしまう」といったことを言ってたことを思い出します。
それぐらいに突出した存在だったのでしょう。

それらに対して疲れたのかもしれませんし、日本代表、クラブでの状況に疲れたのかもしれません。

所属クラブでは何年もレギュラーになれず、不遇だった中田英にとって、中心として輝ける場所はジーコJAPANだけという状況でした。だからこそ中田英は、「このチームで結果を残さなければしたい。それができなければ、プロ・フットボーラーとしての未来はない。」そこまでの覚悟をもって、W杯に臨んだと思います。
それが、ブラジル戦後に見せた涙の理由かもしれません。世界との大きな差を知らされた悔しさと、挑戦が終わってしまった失望感だったような気がします。
何年もレギュラーでプレー出来ないことはプロの選手にはモチベーションを保つにはつらいことです。
代表においても、そのストイックさゆえに孤立してるようでしたし。

それでも、もっと中田のプレーが見たかったし、クラブでの逆境をはねのける中田英を見たかったです。
39歳になってJ2に落ちても頑張るカズ、NAKATAにも一度は沈んでももう一度頂点に這い上がる、そういう姿を見せてほしかったです。

マイケル・ジョーダンのように現役復帰を期待しています。
posted by manirayasi at 00:06| Comment(1) | TrackBack(2) | サッカー観戦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

昨日の日本戦

昨日は悔しい負け方でした(><)
嫌な予感が漂う中、後半39分まで勝ってましたし、どうにかこのまま試合が終わることを祈ってましたけど、やはりやられてしまいました。
しかも、ロスタイムを含めた9分間で3失点、昨日は悔しさで日本中が眠れない夜だったかもしれません。
昨日の敗因を上げると
@追加点
B駒野、高原
B選手交代
だと思います。
続きを読む
posted by manirayasi at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

ドイツvsコスタリカ

4年に一度のワールドカップが始まりました〜

まずは開催国のドイツとコスタリカの試合で開幕しました。

開始6分、ドイツのラームが左サイドから内に切り込んで右足でのシュート!
ポストに当たりながら入る弾丸ミドル。
すごいの一言。
ドイツでのW杯は、素晴らしいゴールでの幕開けとなりました。

その後、コスタリカのワンチョペとドイツのクローゼがそれぞれ2得点。
粘るコスタリカでしたが、

後半42分、ドイツのフリンクスのとんでもないロングシュートが決まりました。

もう2時半も回ってて半分眠りそうになりながら見てたましたが、びっくりして目が覚めちゃいました。

ラームのゴールもすごかったですが、このゴールは別格です。
一度でいいから、あんなシュートを打ってみたいです。

ドイツは4得点もセンターバックの守備が不安ですね。すごく鈍いですし、ルーズなような気がしました。
たぶんコスタリカの攻撃はあそこしかチャンスはなかったと思いますが、そこで2失点、不安ですね。

バラックが復帰してどうなるか、期待しましょう。

サッカーサッカーのブログランキングへサッカー
↑応援よろしくお願いします<(_ _)>
フリースタイルやサッカーの動画はランキングから
posted by manirayasi at 00:04| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー観戦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

いよいよ開幕(^0^)/

今日からいよいよワールドカップが開幕で〜す(^0^)/

最近は沖縄は梅雨でフリスタの練習ができません。おかげでブログの更新を全くしてませんでした。
4年に1回しかないワールドカップ、ブログでも楽しんでいこうと思います^^。
日本代表はもちろん気になるし、ブラジル、オランダ、イングランドも気になります。
個人的にこの3チームのサッカーは好きです。
是非、試合を観戦したいです。続きを読む
posted by manirayasi at 00:30| Comment(2) | TrackBack(3) | サッカー観戦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。