2006年07月10日

イタリア優勝!

イタリア優勝4年に1回のワールドカップ、イタリアの優勝で終わりました。
僕はジダンのラストダンスのフランスに期待してましたが、イタリアは攻守ともにバランスがよかったですし、フランスよりは攻撃的で優勝にふさわしいチームでした。
ジダンのラストプレー、最後の記録がゴールでもアシストでもなく、退場(ラフプレー)だったことは残念です。

ジダンは神ではなくサッカーの上手な人間だったことが分かり、なおさらジダンとサッカーが好きになりました。
これもサッカーなんですね。サッカーの奥深さが少し分かった気がします。
中田が引退した理由が少し分かった気がします。

今回のワールドカップの上位のチームはチームが一つとなり、全員がチームが一丸となってたような気がします。
どんな強豪国の有名選手も汗かき役に徹したり、チームのために自己犠牲を問わない、そういうチームしか勝ち上がることができないんですね。
残念ながら、我らの日本はプレーのレベル、チーム、歴史ともにまだまだだと感じました。
日本では国内組と海外組に温度差があったり、派閥ができたり、会見で「マリオカートを持って行く」という選手がいたり、チームが一丸となることができませんでした。オーストラリア戦の後、チームの結束を高めようとした食事会で中田英を筆頭に日の丸にサインしたときでさえ、それを拒んだ選手が6人もいたらしいですし。
そんな国が予選リーグを勝ち抜けるほど、甘くはないでしょう。
ドイツではあのカーンがチームのために裏方に徹し、フランスでもビエリ、マケレレほどの選手が汗かき役に徹し、イタリアではデルピエロは控え、トッティも途中で交代、「For the team」これが出来ない国に栄光はないと思います。

2010年は、もっと進化した日本代表を見たいです。

サッカーサッカーのブログランキングへサッカー
↑応援よろしくお願いします<(_ _)>
W杯情報はこちらから(ランキング)
posted by manirayasi at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20592985

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。