2006年06月13日

昨日の日本戦

昨日は悔しい負け方でした(><)
嫌な予感が漂う中、後半39分まで勝ってましたし、どうにかこのまま試合が終わることを祈ってましたけど、やはりやられてしまいました。
しかも、ロスタイムを含めた9分間で3失点、昨日は悔しさで日本中が眠れない夜だったかもしれません。
昨日の敗因を上げると
@追加点
B駒野、高原
B選手交代
だと思います。
まず、@追加点。
早い時間に得点した日本、1点リードしたが守りに回るには時間が早い、一方オーストラリアはどんどん攻撃的に攻めてきました。
まぁ、当たり前でしょう。ブラジルがいるこの組にとっては、ブラジル以外に負けることはグループ2位以内にいきなり限りなく赤に近い黄色ランプがつきますし。
しかい、相手が攻撃的にくれば日本のチャンスも増えます。
そのチャンスを決めることが出来なかったことが今日の第一の敗因だと思います。
こういう展開の試合は、早めに追加点を奪ってある程度楽に逃げ切るか、それができなければどうにかこの1点を必死に守りきる、そういう試合になります。
結果、必死に攻めるオーストラリア、必死に守る日本、我慢比べになりました。
オーストラリアの大型選手たちとの我慢比べはきついです。

次は、A駒野、高原でしょう。
オーストラリアは三都主のいる日本の左サイドを徹底的に封じ、その分駒野には攻撃のチャンスを与えていたように思います。
三都主のクロスは日本ではずば抜けていて日本の武器でしたし、駒野の方から攻めさせようということだったんでしょうか。
それにはまった駒野はドフリーでのクロスも意図のよく分からない、精度の低いクロスをあげ続けてました。
それから、高原。
果敢にドリブルするも、突破出来ないと思うと柳沢にパス。このパスがすごく雑でした。
この辺を上手く攻めれば、チャンスはたくさんありましたし、追加点を奪えたと思います。
三都主サイドを上手く封じたヒディングの手腕がうらやましいような気がします。

最後にB選手交代です。
ヒディング監督は1点負けてましたし、4年前の韓国と同じく次々に攻撃的な選手を入れてきました。
交代した選手が大活躍でしたし、さすがヒディングという見事な采配でした。
一方、ジーコはということ、FW柳沢に変えて小野。
Why?
柳沢の交代は、コンディション的なものだと思いますがなぜ小野なんでしょう?
中田を上げて小野、残り時間を守りきるのか?追加点を狙うのか?
答えは上手くボールを回して時間を使おう、あわよくば追加点を狙おうといったところではないかと思います。
同じねらいなら、玉田を使って欲しかった、そう思えてしょうがないです。
小野に守備はあまり期待できないし、中田を前に置くより、中盤に降りてきてプレーするのが抜群に上手い玉田を思ってました。

小野の投入、この5分後に日本は失点しています。
ただ、メンバーを見ると日本にはもう守備的プレーヤーはいないし、無難に小野だったのかもしれません。
日本の選手層の薄さを感じました。

次のクロアチア戦、もう勝つしか前に進む方法はありません。
攻撃的な日本のサッカーに期待したいです。

サッカーサッカーのブログランキングへサッカー
↑応援よろしくお願いします<(_ _)>
フリースタイルやサッカーの動画はランキングから
posted by manirayasi at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。