2006年07月05日

中田英寿、引退

昨日の夜9時にnakata.Netで発表されました。
お義母さんから妻への電話で知りました。

そんな・・・ 声もでません。

子供と無邪気に遊んでいた僕にはこの突然の出来事を現実として理解できませんでした。
Jリーグにいた頃の中田、日本代表の中田、イタリアでの中田、イングランドでの中田、そのプレースタイル、生き方には大いに感動しました。
中田の常に全力全霊のようなプレーにはすごく憧れてまし、シンプルで力強いプレースタイルがすごく好きです。

W杯が始まる前、床屋で「中田英にして下さい」と言って少し長めの中田ヘアーになりました。日本がブラジルに負けた朝、またもや「中田英にして下さい」と今度は気合いを入れて切ってきました。
ひょっとしたら、日本代表を引退するのかな〜と思ってましたが、これからも応援しよう、俺も頑張ろう、そう思いました。
中田英は、日本代表の中で最も走ってました。一番一生懸命でした。
W杯の前から、孤独に必死に頑張る中田英は日本代表の中でも一人ずば抜けた存在のようでした。ジーコや川渕キャプテンが「中田英のレベルに合わせたら選手がこわれてしまう」といったことを言ってたことを思い出します。
それぐらいに突出した存在だったのでしょう。

それらに対して疲れたのかもしれませんし、日本代表、クラブでの状況に疲れたのかもしれません。

所属クラブでは何年もレギュラーになれず、不遇だった中田英にとって、中心として輝ける場所はジーコJAPANだけという状況でした。だからこそ中田英は、「このチームで結果を残さなければしたい。それができなければ、プロ・フットボーラーとしての未来はない。」そこまでの覚悟をもって、W杯に臨んだと思います。
それが、ブラジル戦後に見せた涙の理由かもしれません。世界との大きな差を知らされた悔しさと、挑戦が終わってしまった失望感だったような気がします。
何年もレギュラーでプレー出来ないことはプロの選手にはモチベーションを保つにはつらいことです。
代表においても、そのストイックさゆえに孤立してるようでしたし。

それでも、もっと中田のプレーが見たかったし、クラブでの逆境をはねのける中田英を見たかったです。
39歳になってJ2に落ちても頑張るカズ、NAKATAにも一度は沈んでももう一度頂点に這い上がる、そういう姿を見せてほしかったです。

マイケル・ジョーダンのように現役復帰を期待しています。
posted by manirayasi at 00:06| Comment(1) | TrackBack(2) | サッカー観戦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。